ハウスプロダクトタケモリ

freedial0120-090-035

黒い壁のコートハウス

とあるお施主様のために作った、大きな計画案。

 

土地がうまくいかず結局日の目を見ることがなくなった計画案なんですが、
スタッフにあまりに評判が良かったのでこちらで紹介させて頂きます。

パース①

 

黒い壁に囲まれたプライバシー重視のコートハウス。

 

パース②

 

土地は東西方向に距離があり、南北方向はあまり距離がありません。

結構な市街地に建築予定だったためプライバシーをどう確保しつつ開放感を取るか。

車が好きなので出来るだけ家にいても見たり感じたりしたい。

時に大勢が集まってBBQがしたい。

家族の存在を常に感じられるような雰囲気の空間づくり。

真っ直ぐに伸びる美しい階段が欲しい。

 

そのようなリクエストを軸に全体が考えられた訳ですが、結果は以下のプランです。

 

1階平面図2階平面図2立面図2

 

実際には建築されることは今のところ予定がなくってしまい、
お施主様も非常に気に入ってくれていただけに、僕も非常に残念なんですが、
家づくりは色々な条件が噛み合わないと進まないので実現不可の結果が出ることも仕方ありませんね。

 

お施主様・当方スタッフがどれだけ情熱を持って取り組んでも、
様々な要件から現実化できないことはやはりあり得る訳ですが、
こうやってお施主様の夢や理想を伺って、当方も全力で取り組ませて頂く中で、
お互いの信頼関係や想いの共有の進むことも間違いなくあるので、
今回実現できなくても悪いことばかりでもないとも思いますが、
やはり現実の建物として見てみたかったという気持ちは簡単にはなくなりません。
これはお施主様も当方も同じ気持ちだときっと思いますが。。。

 

さてさて、来年以降になるんでしょうがどんな土地と出会えて、
どんな家づくりをこのお施主様とさせて頂けるのか、今からドキドキです。

 

パース③

 

モチロン、ここでご提案させて頂いた以上のご提案と家づくりを目指していきます!

 

------------------------------------------------

コートハウスとは?

建築様式のひとつ。建物や塀で囲まれた中庭(コート、パティオ)をもつ建物、住宅のこと。

中庭は、外の空間から完全に遮蔽され、プライベートな空間でありながら、半ば戸外空間でもあり、採光や通風を確保することができる。
防犯上も、メリットのある様式。

ヨーロッパの都市にはよくみられるスタイルで、建築物が密集していて、開口部が取り難い場所では、よく大規模集合住宅にも採用される。
形態からいうと、ロやコの字型、あるいはL字型などがあり、。坪庭をもった住宅などもコートハウスと呼ぶことがある。

ただし、コートハウスという名称は国内でのみ通用するもので、英語表記での「コートハウス」(en:Courthouse)は裁判所を示す。