ハウスプロダクトタケモリ

freedial0120-090-035

色温度って何???

最近、寒くなってきたので、靴下を2枚履きして、スパッツを履いて

防寒対策バッチリの原です!

皆さんは、どんな防寒対策していますか?

気持ち的な面が大きくなってしまいますが、照明で少しでもホッとなれる

提案が出来ればと思います。

今日は前回のブログの続きで色温度について少し書こうと思っています。

この色温度は「ケルビン値(略:K)」という数値で表されています。

馴染みのない言葉で、理科の授業のようですね。

写真と照らし合わせて考えて頂ければ分かりやすいと思います。

太陽と色温度のイメージ写真

色温度説明写真

上記のように大まかには電球色は、夕暮れ時の温かみのある色に対して、

昼白色は、夏の青空の下にいる時のようなイメージとなります。

お勧めの色温度の使い方

・昼白色(5000K)

ダイニングに使用し、子供を傍らで勉強させたいという方に!

教科書の文字がはっきり見えます。活動的な光で集中出来ます。

キッチンに使用することで夏の空のイメージで活動的に料理をすることが

でき、しっかり鮮度を確認出来ます!

・温白色(3500K)

店舗でよく使われている光色で家具屋さんで見た色がそのまま家でも楽しめます。

ぼやけない自然な光色に納得される方も多く、夜も楽しく会話出来ます。

・電球色(2700K)

リビングで癒されたいという方に!

温かみのある色で落ち着いた空間を楽しむことが出来ます。

実際の色温度と部屋のイメージ写真です。

部屋のイメージ色温度

上記のように生活シーンによって、お施主様のイメージに近いものをご提案できれば

と思っております!

最後になりましたが、今年一年ありがとうございました!

来年もみなさにとって笑顔いっぱいの年になりますように・・・☆