ハウスプロダクトタケモリ

freedial0120-090-035

cost for value

僕自身もいつも意識しているし、お施主様にもお話させて頂くことに、
新築してから維持メンテナンス費や光熱費まで含めたトータルコストで家を考えましょうね、
と言うことがあります。

 

つまり、家自体が当初安く出来ても、経年劣化が早く、
例えば10年もしないうちにメンテナンス費で高額な費用がかかってしまったら
きっとそのタイミングだと新築時返済もモチロンある訳ですし、
また断熱性が悪く月々の光熱費が過大になってしまったら?

 

結局トータルで考えたら最初きちんとした家を、
少し背伸びは必要かもしれませんが、
お建て頂いた方が快適性も高く、変な煩わしさもなく、
結局お施主様が得をして頂けると思います。

 

値頃、お値打ちという言葉がありますが、維持メンテに関しては、
まさに値は値的な部分もあります。
モチロン当社では日々原価低減に取り組んでいますが、
良い職人さんにまともな材料で仕事をしてもらうと、
最低出してあげたい費用というのも実際はあるわけですが。

というのも最終的な家の質を守ってくれているのは家づくりに関わる多くの職人さんですので、
そこ蔑ろにはできないし、そうすることは本意でありませんので。

 

お施主様も、そこに関わる多くの職人さんもハッピーというのがベストかと。

 

人生一度きりの家つくり、お任せいただく部分はお任せ頂き、
デザインや仕上げ材はスタッフや職人さんたちと一緒になって作り上げていく雰囲気が最高ですね。

 

チョット脈略のない文章になりました。。。