ハウスプロダクトタケモリ

freedial0120-090-035

立体思考

- トータルバランスに優れた空間を創り出すために -

僭越ながら、よく打ち合わせをさせて頂いており感じることのひとつに、
やはり家づくりは、どなたも何度もご経験されることでないし、
家の場合、要素が複合的というか、
重層的なためだと思われるのですが、
どうしても色々なものをパーツで考えてしまい、
全体の空間として捉えることが難しいんだろうなぁって。

2015.2.13 社長ブログ

例えば女性だったら、あれだけたくさんの雑誌があり、
お店に行ったら綺麗な服やアクセサリーなんかがたくさんあって、
毎日か、少なくとも出かけられるときは色々どう組み合わせて着るか考え、
学んだり経験も増える機会があるのに、
それでも服のコーディネートって難しかったりするんだと思うのですが。

家づくりではどうしても直感的に判断され、
極端に言うとスーツにスニーカーのような組み合わせを
結構アチコチで見たりします。

確かに、そこでミラクルのような、
美しい空間になることもあるのですが、
よほど運が良くないと、
そういったトータルバランスに優れた空間にならないんじゃないかな、って。

少なくとも僕たちは何十年も空間を作らせてもらって、
経験値もお施主様よりは多いわけだし、
勉強だって、にわか仕込みでなく、
ずっと続けていて
知っていることもきっとずっと多いわけですので。

やはりたくさんの思いの丈を、
もっともっと伺えれば、
一緒に作り込ませて頂くも家も
ずっと変わるんじゃないかな。

たくさんお話したいですね。

毎度全力投球で取り組ませて頂くのですが、
僕もまだ見たこともないような家とか空間ってきっとあるはずで、
それはお施主様から頂く打ち合わせの言葉のやり取りが
魔法をかけてくれるんだと思っております。