ハウスプロダクトタケモリ

freedial0120-090-035

【オリジナル家具】AVボード

avboard_01

AVAudio Visual) board

映像、またそれを取り扱う機器を収納するために作られた家具のことです。

配線が収納しやすいよう、配線を通す穴があらかじめ空いている物が多く、
オープンシェルフタイプやクローズタイプなどがあります。
テレビやビデオ、オーディオ機器など、
さまざまなAV機器を収納する大型のタイプが多く、
壁一面に収納するものや、収納力のあるローボードタイプなど、
大きさやデザインも様々。

ハウスプロダクトタケモリがおすすめしているオリジナルのAV boardは
すっきりと収納できるシンプルデザイン。
壁付けタイプと床置きタイプの2種類をご紹介します。

 

CATTINO(カッティーノ)

極限まで、細いラインを追求した壁つけ型AVボード。
両側の引き出しは収納たっぷり。 細いラインが生み出す美しいフォルム。
無駄が一切ないシンプルなデザインです。
まとめ

 

GOCCIA(ゴッチャ)

動きをプラスした機能派AVボード。
扉は左右スライド式。AV機器やCD・DVDなどの収納がたっぷり。
隠す部分・使う部分に動きを与えることにより、機能的に美しく収納できます。
IMG_9037
MG07115
title

- AV boardを選ぶとき -

脚があるかないかで考えてみる

AV・テレビボードの見た目は脚があるかないかで大分変わってきます。
脚があると床との間に隙間ができるので少し印象も軽くなりますが、
脚が長すぎると後ろの配線や暗くなった壁紙が見えてしまい汚い印象も強くなります。
対して床にピッタリ付いているタイプのものはどっしり感が強く
重厚感を感じることができますが、
テイストによっては圧迫感もあります。

 

どこに配置するかで考えてみる

テレビボードをどこに置くかで考えるのも大切なことです。
主にコーナーか辺の壁際かに分けられますが、
コーナーだったらコーナータイプのテレビボードがおすすめ。

 

テレビサイズに合わせて選ぶ

テレビボードを選ぶときは、予め置きたいテレビサイズを決めておきましょう。

 

素材やカラーとあわせて選ぶ

テレビボードをコーディネートする際は、テレビと合わせて考えるか、
その他の家具に合わせて考えるか、
もちろんその両方を兼ね備えているものを見つけることができれば、goodですよね。