ハウスプロダクトタケモリ

freedial0120-090-035

シンプルに暮らす 和風の平屋住宅

50代のお施主様の終の棲家となります本宅。

駐車計画・採光確保要件から建物の大よその外周が決められ、
回遊性のある平面計画、来客時にご夫婦がいずれにも気兼ねをしなくて良いこと、
風や光をいかに取り込むのか、
また収納計画の合理性を求められながら全体が作り込まれていきました。

そして完成しました本宅は、
ご夫婦お二人のお宅でありましたら必要充分の大きさとなります
約24坪というスケールです。

敷地条件で玄関位置が変わったり、和室であるかどうかなど変化はあるにせよ、
ある意味普遍性を持つスタンダードな平面計画でまとまったものと感じております。

外観
盛土をして敷地を挙げていくことは当初から求められており、
そのご指示に従い高められた敷地の高さ。
確かに造成工事に費用は掛かりますが、
採光・通風そして昨今の異常気象を考えると可能であれば
真似をしたい工事になるのかもしれませんね。

LDK LDK②
LDKはL型にまとめられており終日陽の光がたっぷり入る計画となっております。
また和風を表現するために折り上げ天井では藍色を差し色で入れて
アクセントとさせて頂いております。

LDK③
リビングに隣接した和室は4.5帖となります。

3本の建具が壁に引き込めるようになっており普段使いとしては、
このように開放してお使い頂いております。
結果、大きく建具を開放すれば約25帖と言う大きなお部屋としてご利用頂けます。

和室
リビング奥の和室にも拘り満載で端正な部屋になったものと自負しております。

ダイニングキッチン
キッチンダイニングエリアは
大工さんと建具屋さんに拠ります造り付家具を施工させて頂いております。
お持ちのアルバムなどのサイズなどから収納の奥行や棚の割付を決めていったり、
ご家族の用事やプリントを貼ることのできるホワイトボードも
建築工事でさせて頂いております。

このような計画もやはりお施主様と従前に
きちんと丁寧な打ち合わせをさせて頂いた結果であり、
この辺りも自由設計ならではの良い部分になろうと存じます。

パッケージ化された家づくりを否定することもないのですが、
やはりオリジナル設計の素晴らしさこそ、
当社が家づくりを通してお伝えしたい素晴らしいことのひとつです。

寝室
寝室となりますこちらの和室は白木でまとめさせて頂いており、
それに合わせる形の各仕上げ材が選定されました。

外観②
どこかホッとするような大きな1枚屋根のコンパクトなお家。

飾り気が多い訳ではないけれど、
さっぱりしていてシンプルで我が家と言うに相応しい空気感を持つ
お宅が出来たものと感じております。

ご入居後、当社標準仕様の無垢のフロア・漆喰の壁での仕上げで
『こんな湿度がうまく調整され気持ち良いんだ』と仰って頂け、
それこそ我が意を得たりと言いますか、
当社が伝えたい家づくりへのご評価と言いますか、
ひとつの最高の褒め言葉を頂戴し勇気が出たりもしました。