注文住宅、新築一戸建ては三重県のハウスプロダクトタケモリ

freedial0120-090-035

木のぬくもりを感じる 自然体で暮らす家

当社の見学会にご参加頂き、そこからご縁が始まった本宅のお施主様。
その後土地も一緒に探させて頂いたり、
沢山のお話しをさせて頂き家づくりが進められていきました。

完成しました家ですが、お施主様のお人柄を表さずにはおられない、
ナチュラルかつやさしい雰囲気で完成したと感じています。
外観

子供室のみが2階に設けられた、平屋に近い感覚の本計画。
今回のように極端に2階の要素が少ない場合は全体のボリューム感の調整と、
平屋と言う意味では宅内にどう光と風を届けるかという事が
「ならでは」の難しさとなります。

外観②

 

強すぎない自然な雰囲気で
まとめられることが目指された
アプローチ。
ここからもう家の物語が
始まっています。

 

玄関

 

 

 

 

玄関ホールからは
中庭が見え隠れします。
また大ぶりなウォルナットの扉も
非常に印象的です。

 

LDK
LDKは敷地に合わせて南北方向に長い計画とさせて頂いています。
ダイニング前に中庭を設けていますので
ダイニングテーブルには東向きの朝の素晴らしい光が入ります。

またこの写真では分かり難いですが、キッチンの前には和室があり、
和室が孤立せずデイリーにご利用頂けるように計画させて頂きました。

そして、特徴的な階段のルーバー。
こちらもルーバーのサイズ、ピッチ、本数、設置方法など
細かく細かく詰められていきました。

LDK②

南側は掃出し窓でと言うリクエストがもちろん多い訳ですが、
本宅では高低差が大きいこともあり、南の窓は掃出し窓ではありませんが、
十分な明るさが確保されていることをご確認頂けるのではないかと思います。

LDK③
夕方になると段々と雰囲気が出てきます。
全ての材料が奏で出す音楽のような一体感をお感じ頂けるのではないかと思います。

いつもお施主様に申し上げていますことに
『仕上げ材は常に全体感を意識して下さい』と言うことがあります。
部分部分で好きな物を集めてしまうと、ちぐはぐになってしまいかねないので、
そこは本当に慎重にことを進めるべきだと自分自身も肝に銘じています。

ダイニング

随分迷われたダイニングの照明も結果的には本宅らしい、肩ひじ張らない、
でも存在感のある食卓を照らす照明になったと感じています。

このように、家づくりの各パーツを決めるにあたっての毎度の打合せや
やり込みというのも楽しい家づくりの思い出になればと思っています。

和室
低い窓を角に集めた和室。
こういった少しした変化も出来上がりますと普通の和室と随分違って見えますね。

また違った種類の光を壁に当てることで、和室空間がより饒舌になります。

書斎
リビングに接した南向きの贅沢な書斎。
本宅の和室の仕上げを踏襲した、和風寄りのまとめ方となっています。

ここはご主人様だけの空間ですので誰に気兼ねすることなく、
悔いの残らないよう思い切って自分の『好き』でまとめていきました。

洗面

 

オリジナルでデザインされた
洗面化粧台。

仕上げの各材料、洗面ボウルの形状、
壁面のタイル、照明器具の見せ方、
脱衣室の床とのマッチングから
全て考え抜く必要があり
非常に繊細な事の運びが
必要となります。

 

トイレ

 

 

壁に間接照明を当て、
仕上げ材の石のテクスチャーを
活き活きと照らすような
照明計画をさせて頂き、
またそれに合わせて
紙巻器やタオル掛けも
セレクトされています。

 

外観夜

外観夜②

仕事帰りにホッとするような我が家でありたいと、
またご家族様で囲む食事が世界一となるような、
そんな家づくりになればと常に考えています。